転職

第二新卒・20代転職の職務経歴書の書き方、コツ

今回は恐縮ですが、大企業に勤務していた僕の職務経歴書の書き方を紹介します!
大手メーカーからIT系ベンチャーという異業界への転職+20代での早期の転職だったので、同じ立場の方の少しでもご参考になればと思います!

職務経歴書は何を書くものなの?

転職志望先に対して、自分の「社会人経験値」「スキル」「人間性」を伝えるものです!履歴書の内容は形式的に決まっていますが、職務経歴書は自身の価値を伝える転職時に重要な書類です。

この記事でお伝えするポイント

①職務経歴書を書く前に、転職理由など自己分析・実績内容・転職理由の振り返りを行う。

②職務経歴書の書き方やコツ

③職務経歴書を添削してもらい、フィードバックをもらう。

職務経歴書を書く前に、転職理由など自己分析・
実績内容・転職理由の振り返りを行う。

少しタイトルと話しが脱線しますが、私は大企業に勤める前に、2.3年間を目途に「市場価値が高められているかどうか」を軸に20代で転職を視野に入れていました。勿論、転職を視野に入れるも目の前の仕事に手を抜くということはしません。

寧ろ、転職を視野に知れているからこそ、短期間での実績づくりと中身のあるプロセスに拘りをもって業務をしていました。何故なら、2.3年という短い期間での退職でも、転職時に、必ずと言っていいほど、【転職理由】【転職タイミング】【実績】【プロセス】を転職時の面接で聞かれるからです。

そこで「何となく嫌で辞めました」「結果が出せないで辞めました」という消極的な理由では、幾ら第二新卒でポテンシャルを見てくれるにしても、マイナス評価になるのが一般的です。

もし転職を少しでも視野に入れているなら、現状の目の前の仕事にフルコミットして、【結果を出すこと】【再現性ある濃度の高いプロセス】を意識した方がいいですよね!

そして、本題ですが、職務経歴書に書く際の基になる、自己分析や実績内容、転職理由などの振り返りましょう。

下記に転職理由と自己分析の記事のリンクを張ったので、宜しければ見てください。

転職時の職務経歴書の書き方やコツ

それでは実際に私が書いた転職活動の際に使用した職務経歴書をみていきたいと思います。完璧な職務経歴書ではなく、まだまだ改善余地が沢山あるものなっております。。。

また、企業名など固有名詞が記載されている部分は隠しておりますので、ご了承ください。

【職務経歴書】に記載すること

職務要約:人事担当者がまず目にする事項。【社会人経験】【スキル】【実績】等を記載し、端的にアピールできる内容を記載すると良いです。

職務経歴:勤務してきた会社の情報と時間軸に沿った自身の情報。【実績】だけでなく、転職希望先でも生かせる、再現性ある【プロセス】も盛り込めると良いです。

自己PR:志望動機+転職希望先でも生かせる自身の実績、スキルをPR。例えば、現職では○○という実績を残して、■■というスキル、強みがあります。その■■というスキルを活かして、御社の課題である▲▲を解決し、最終的に私は◇◇ということをやってみたい。 など。

職務経歴書で記載したことを前提に面接が行われるので、以下のポイントを押さえて職務経歴書を書きましょう!

☆自分と転職希望先の頭の中のイメージを合致させる

①数字化

「伸長した」というワードを聞いたら、 5%や10%など 各々がイメージする「伸長率」を考えますよね。「非常に」「とても」などの形容詞では、先方は具体的にどれだけ伸長したか分からないため、共通認識をもたせるため、数字化を常に意識しましょう。

②5W1H

私が転職活動をしている際に言われたことは、自分の常識が先方の常識とは限らないということです。自身が属する業界や会社の仕事内容に関しては、私自身は理解しているので、つい同業界の方と話している感覚で話してしまうと、異業界の先方の頭の中は「??」になります。

異業界の方と話す際はとりわけ、細かな大前提部分であったり、状況説明を省くことはせず、「なぜ、なにを、だれが、いつ、どこで、どうやって」という5W1Hを意識して、具体的に筋道を立てて話すことと、職務経歴書も同様の書き方をしていきましょう。

職務経歴書を添削してもらい、フィードバックをもらう。

私は人事関係者で知り合いが1人いたので、職務経歴書を書いたら何度もフィードバックを頂くようにしていました。職務経歴書の書き方が分からない当初は、「数値化」や「5W1H」を意識せず書いていたので、読み手としては抽象的なイメージしか思い浮かばず、「この人がこの職務経歴書を見て、どういう人間か分からない」とまで言われました。

仮に、今人事担当者が知り合いにいなかったとしても、今の時代SNSがあるので、人事担当者を探してみる、またエージェントから添削を受けることなど、職務経歴書のフィードバックをもらう方法は幾らでも存在します。

何度も何度も添削してもらうことで、自分だけで作業していた自己分析や実績の振り返りも、新しい角度から視点の提供をしてもらえます。結果、私は先方により伝わるための「言葉選び」「伝える内容」「自身の思索」など意識できました!

おわりに

いかがだったでしょうか。もし職務経歴書に関してご質問等があったら、Twitterの方までご連絡ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。